自殺

  1. 自殺に追い込まれる個人

    これが問題だ、これが分からない、これが苦痛だと、終わることなく個人が自分をいじめる。あえて複雑化する必要はないが、個人はそのような状態を好む。それは娯楽や快楽で…

  2. 自殺をする前に

    もしそれが、深刻のように思えるだけのものであれば、助かりはしないだろうか。あなたの仰る世界、その世界があなたに与えている惨たらしい幾つかの出来事、これらの影響か…

  3. 瞑想なき人生

    極度の苦痛で失神する人や、度をこえた苦悩の末に発狂してしまう人がいる。彼らが瞑想を知っていたら、そうなる前に、自分を治療することができただろう。苦痛は即時に消え…

  4. 苦しみの時期

    すべては周期的である。人間の辿る運命もまた、その個人性ゆえに、辛い時期とそうではない時期が繰り返される。この種の苦痛は個人的なものであり、克服は比較的容易である…

  5. 苦痛への無知

    われわれが病気を生み出すものに対して無自覚なのは、精妙な界層におけるフォース同士の衝突に対する苦痛の感覚の欠如にある。界層とは意識の意味であり、世界中の人間、動…

  6. 弟子の有能さと盲点

    「弟子はまた、一般の知識人と比べて非常な速さでメンタル的に調整統合された状態で働く能力も獲得する。このようにして、彼は時間という限定が脳の状態であることを学び、…

最近の記事

PAGE TOP