苦痛

  1. 苦痛は瞬時に消える

    苦痛の感覚が強ければつよいほど、その感覚が見られたとき、幸福感も強くなります。ではなぜ、私たちはこんなにも苦痛なのでしょうか。それは、見ているものが苦痛ではない…

  2. 魂の鎖国

    苦痛がある。第三の目がそれを見る。苦痛はわたしに接触できなくなる。外部のもの、わたしとは無関係のものとして苦痛は見られる。結合の余地がないため、苦痛という形態は…

  3. 強さとはなにか

    肉体的な強さ、精神的な強さ、いずれもただの指標である。より強い人間もまた、おのれの弱さに屈辱を感じており、不満を持ち、より偉大な強さを求めている。表面的な強さは…

  4. 星空のヴェール

    白ゆりの花を愛したきみが、いまなぜ憤怒に口を歪め、般若の思想を描き出し、おのれに逆らうもの、おのれの価値に目を尖らすものに対し、容赦を忘れて、血染めの畏怖を示し…

  5. 苦痛の責任者

    苦痛は、自己中心的な生き方をしてきたことの結果でしかない。依然として欲求と満足を希求しているかぎり、苦痛のない生や、苦痛の克服を模索する資格がそもそもな…

  6. 質問:夢の感覚

    幼少の頃から、少し変わったことを考えていました。それは、私は今、別の世界では眠っていて誰かが「目を覚まして」と揺さぶっている。そして、起きている私がみている…

  1. 孤独

    社会に取り残された男
  2. 非人格

    感情の喪失について
  3. 苦痛

    苦痛の責任者
  4. 意志

    無痛の涙
  5. 孤独

    孤独に悩むうつ病の公務員
PAGE TOP