1. トラウマ

    トラウマに苦しむ友人

    (※この記事は本人の許可によるものだが多少のぼかしを入れている)彼女は北欧の血が半分流れている。宝石のように色鮮やかな目は、生来の純真な性格と、自分を律するたゆみのない精神の輝きを映し出していた。愛くるしく、また際だった美貌が、日本という国にあって、ある種の嫉妬と羨望の的になりはしたが、素朴で理性的な両親の愛情に恵まれて、本人はいたって純朴に育ち、内省的な人間に顕著な特…

  2. エネルギー

    人は犠牲者である、責めてはならない

    かつて、息子が両親を殺した事件があった。まだ二十歳そこらの青年だ。彼は抵抗することなくあっさり自宅で捕まったが、なぜこんなことをやったのかと刑事に問われたとき、…

  3. 孤独

    自立への脱獄

    われわれは頑張ろうとしている。恐怖から、頑張らなければとせき立てられている。嫌々、頑張ることを強いられている。そのため、日々が苦痛であり、精神は不安とストレスで…

  4. 孤独

    飛ぶ前に見ろ

    弱さとは、自我の強さである。したがって、自我の構造に精通していないとき、弱さの意味が分からない。また、理解のないその弱さを養分として、生という劇のなかで…

  5. 苦痛

    人は自ら苦痛を味わい、自己憐憫に浸る

    彼が世界を現実だと言うのなら、彼の定義のなかにおいては現実だろう。しかし定義は思考であり、マインドの世界のものでしかない。マインドを超越するとき、彼は定義という…

  6. パワー

    裂け目

    ビジネスの騒音のなかでのたゆみない瞑想は往々にして困難である。瞑想に習熟し、魂に諸体を整列させ、自我というものにますます関心がなくなっている弟子にあって、彼が…

最近のコメント

最近の記事

アーカイブ

  1. 対話

    うつ病の息子を持つ母親 -3-
  2. 対話

    うつ病の息子を持つ母親 -2-
  3. エネルギー

    瞑想と教育
  4. 分類不能

    苦痛を見た至福の青年
  5. 意志

    無痛の涙
PAGE TOP