眉間に生きる

男は錯覚を照らす技術を知っているようだった。私は聞いた。それはどのような技術であるのかと。男は答えた。「眉間に生きる」と。私はその意味を理解しなかった。長く頭からその言葉が離れなかった。後日、男を訪ねて聞いた。眉間に生きるとはどのような意味かと。男は言った。「眉間にて、それは本当か、とただ問え」。私が男から聞いた最後の言葉だった。その後、男は消息を絶ち、言葉の真の意味を理解するにはおのれを頼るよりほかになくなった。

私は暗闇を恐れた。男がそうしていたように、私は目を瞑り、「それは本当か」と問うた。闇は消え去らず、恐怖はそのまま残った。私は未熟だった。私は瞑想を続けた。眉間で瞑想を続けた。ある時、幻影が立ち現れた。いなくなったはずのあの男だった。瞑想をしている私の頭頂に男が指を触れた。稲光のように、電光が一筋の刺激となって私を貫いた。そのように感じた。私は恐れた。目を開けた。そこには誰もいなかった。

不思議な体験をするようになった。頭頂から、いわくいいがたい力が、たえず私に流れ込むのだった。それは動いていた。私は動きを眉間で捉えようとした。動きに逆らってはならないと思った。私が動くと、その動きは「違う」と言った。「おまえの動きではなく、わたしの動きとなれ」。私は眉間に生きるようになった。世の錯覚が私を襲うとき、私は落ちた意識を眉間に引き上げ、動きの中で、「それは本当か」と問うた。世の錯覚は退いた。

眉間から世を眺めるという術を得たように思った。それが未熟なものであることは分かっていた。私は動きと共に在った。その動きとして、眉間から、「それは本当か」と問うた。すると眉間を通して、動きが、エネルギーが、錯覚の対象へ力強く流れ込むことを知った。錯覚を退かせているのは、他ならぬ「動き」だった。この話が意味をなすかは分からない。しかし、私の中で男の話は意味をなした。それは眉間の中で私の神秘となったのである。

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
PAGE TOP