瞑想

瞑想と憑依

子供は学校生活を通して調和や性格構築を学び、成熟した大人として社会に出る準備を整える。親や教師は子供が危険な道に逸れぬよう監督する。この過程が健全でない場合、未熟な大人が大量に世に放たれ野放しにされる。それが今の世の中でないと誰が言えるだろうか。

瞑想の世界も似ている。準備が出来ておらぬまま、個々の欲求や目的のために安易に行われるようになっている。しばらく前までは、瞑想は一部の人間のものだった。瞑想を行う者は、その危険性を知り、危険性を作り出す要因を詳細に学び、ゆえに「裂け目」に関して自らに厳格であった。教師は一部にしか瞑想を許さなかった。今や瞑想はファッションであり、誰もが行い、物質界の目的を達成するための、「スピリチュアル」な遊びになっている。

憑依

その結果が、憑依現象の多発である。準備の出来ていない者は、一般的に瞑想が長続きしないため、その点で保護される場合が多い。だが情報社会の弊害として、迂闊で不確かな書物や動画、セミナーなどが一つの詐欺的なコンテンツとなっており、従って、瞑想に大きな劣等感や逃避を持ち込む者が増えている。彼らは瞑想が最後の頼みの綱であるため、ふさわしからぬ精神のまま、長時間の瞑想に打ち込む意志力を残念ながら持ち合わせている。こうして憑依される。

何の世界でも被害者は孤独である。騙された本人の自己責任とする風潮がある一方、助けうる人間が極度に不足しているのである。あるいは、助けるふりをした詐欺で輪をかけて金をむしり取る兄弟もいる。この悪循環は、精神を病む者が増えた現代、ますます格好のビジネスとなっており、瞑想の評判を至るところで貶めている。また、現代医学や現代科学の限界に起因して、憑依現象は理解されておらず、被害者は精神病棟へ閉じ込められるか、自殺してしまうため、瞑想やヨーガで富を築いている者にとっては都合のよいままとなっているように見える。

健全な姿勢

瞑想よりも人格が先である。バランスの取れた知的な善良さと愛他精神は瞑想の基盤である。このような者は形態面を強調しない。物質界の欲求と錯覚を刺激しない。物質より霊、形態より生命、結果より原因を強調するはずである。一般の兄弟方はこれらに反応できないため効果的である。準備の出来ている者、個人的な関心の周期を終えた者だけがこれらに反応する。最初はまだ利己的な要素があり、それが通常かもしれないが、動機が誠実であるため、不純さは乗り越えられる。支配される者から支配する者になる。低位の波動は浄化され、目的を与えられた高位の振動で送り出されるようになる。助けを必要としていた者は助ける者になる。愛と意志が物質界で真に機能するようになる。このような育成と方向づけに、自らの浄化という火をくべることで参画できうる器へ我々は精進していきたいと願うものである。

地球の飢え前のページ

天の道具次のページ

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • グラフィー
    • 2022年 10月 11日 10:14am

    初めまして。私は週に一度、ハタヨガやアロマヨガ、アシュタンガヨガなどを3年程続けています(好きなコースを選べます)。1時間の内容で、基本的には最後に蓮華座を組んだ瞑想、横になって行うシャヴァーサナで終了です。初めてクラスを受けた際に日頃のストレスから解放され、平穏な精神を保つためには瞑想が必要だと感じました。自宅で瞑想するより、多くの方と一緒に、専門的な知識のある先生の元で行うヨガの方が正確で安全だと思っていますが、このような状態でも憑依の可能性はあるのでしょうか。以前、不思議と涙が出た日があり、あれは憑依だったのでしょうか。

      • Author
      • 2022年 10月 11日 5:22pm

      はじめまして。

      >このような状態でも憑依の可能性はあるのでしょうか。
      全く恐れる必要はないのですが、憑依の可能性は常にあります。歩いていてもあります。また、おそらく「専門的な知識のある先生」ではないため、危機には対処できません。「憑依されたらどうしますか」と尋ねてみれば分かるかもしれません。おそらく人任せになると思います。このようなコースにお金を取られ、憑依の被害に遭い、「お祓い」と称した霊能者にぼったくられるという三重の被害を聞いたことがあります。「お祓い」やグッズのようなものを売りつける霊能者とそもそもグルであるケースも珍しくありません。紹介料として悪くない額を受け取るのです。ただし、憑依は根本的に本人の問題であるため、この点において本来であれば指導者は熟練していなければなりません。

      >不思議と涙が出た日があり、あれは憑依だったのでしょうか。
      いえ。通常は感傷です。そのような態度・意識を瞑想中に許すべきではなく、悪い意味での感じやすさは受け身の姿勢を意味し、無防備ゆえ憑依されやすい状態を作り出します。波動が一致しない限りは憑依されないので、日頃からネガティブな思いと言動に注意し、よりポジティブなものへと置き換える習慣をつけ、正しい人間であることが何より重要です。自分の欲望のために瞑想を利用しないことが大切なことです。何のために瞑想するのか、ということです。

    • グラフィー
    • 2022年 10月 11日 8:40pm

    丁寧なご返信に大変感動致しました。ありがとうございます。周りのヨガ仲間達の中でこの憑依について話す方が誰もおらず、恐らくこのような危険があることを知らない人も多いのではと思いました。本日の記事を読んだ時は少し驚き、自分のやっていることに不安を感じてしまいましたが、ご返信を頂き、わかりやすく答えてくださったことで、気をつけるべきことを意識することができたように思います。
    ヨガは毎週の楽しみでもあるので、これからも通い続けたいのですが、色々考えてみようと思いました。あと、そのクラスの時間に限らず、日頃から心の保ち方について考え行動していきたいと思います。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
PAGE TOP