2022年 10月

  1. 瞑想

    瞑想の書籍

    前の記事が誤解を与えた。つまり、魂と接触していないから瞑想が分からなくなったと。これに対しては、経験則から確実であると思うことしか言えない。接触する以前も以後も…

  2. 瞑想

    瞑想の交代劇

    瞑想するのは魂である。瞑想は積極的な活動であり、消極的な状態ではない。瞑想の名の元に行われている活動の多くは危険で無益なものである。なぜなら、統御しようとしてい…

  3. 弟子道

    恩寵

    例えば、メンタル的な騒音は、アストラル的な騒音の鎮静が土台であり、その逆はない。これは瞑想する者には自明である。アストラル体の騒音、つまり雑多なあらゆるアストラ…

  4. コメント

    同情と同調の違い

    人と話すといつも同情してしまいます。そして少し疲れることがあります。同調と同情の違いが私にはわかりません。同情した時点で、すでに相手に同調しています。たとえば、…

  5. 自殺

    進化段階の末路

    進化段階。これは一部の人向けの事実であり指針である。また優越感であり劣等感であり自我の拠り所にして目標である。私は自我ではないため、この種の空想を支持しない。私…

  6. 奉仕

    奉仕の脅し

    弟子は、自分を諦める決意をした人たちである。彼は自分がないことを見た。したがって、自分の進歩という利己主義と矛盾を放棄している。自分の所有物という空想も放棄して…

最近の記事

PAGE TOP