エッセイ

  1. 首吊り人

    何を恐れているのか、ひどく汗ばんだ額が、ぼくらの知らない恐ろしい日の光によって照らされている、森にさようならを告げようか、弱者よ、ぼくらには、探求への動かしがた…

  2. 友人へ

    できるかぎり平易に書きたいと思っている。しかし友よ、時間は十分にあるのだ。子供時分、ぼくらにとって、あらゆるものが生き生きと神秘にみちていたことを思い出…

PAGE TOP