分類不能

  1. 名づけえぬもの

    わたしは川のほとりを歩いていたが、せせらぎの音も、みなものきらめきも、わたしには届かなかった。精神が処理しうる許容量を現実がこえるとき、人は言葉を失い、思考の去…

最近の記事

PAGE TOP