分類不能

  1. 苦痛を見た至福の青年

    その青年は、じつにみごとな体躯と容姿を持ち合わせていた。立ち歩くさまは優美にして堂々、都雅な衣服に身を包み、他を圧するばかりの肩幅と長身には目をみはるものがあっ…

  2. 名づけえぬもの -2-

    終わらぬ真夏の、あのまぶしい青年と出会って以来、神秘不可思議な状態がつづいている。いまのわたしを他人が見たら、異常という一言で片付けるだろう。じじつ、そうなのだ…

  3. 名づけえぬもの -1-

    わたしは川のほとりを歩いていたが、せせらぎの音も、みなものきらめきも、わたしには届かなかった。精神が処理しうる許容量を現実がこえるとき、人は言葉を失い、思考の去…

  1. 分類不能

    名づけえぬもの -1-
  2. 苦痛

    苦痛の克服
  3. むかしの話

    首吊り人
  4. エネルギー

    瞑想と教育
  5. 対話

    うつ病の息子を持つ母親 -2-
PAGE TOP