孤独

  1. 社会に取り残された男

    開口一番、さびしい、と男は言った。三十をすぎた会社員だが、驚くほど童顔で、しかも華奢だった。傷つきやすく、物事に否定的な反応を下す癖があり、うつ病を長く患い職を…

  2. 孤独に悩むうつ病の公務員

    われわれは孤独を恐れている。孤独な自分が導き出すものを恐れている。そして反射的に、恐ろしいものから逃れようという外向きの思考がはたらきだす。けっして、孤独である…

  3. うつ病患者との対話

    メールの内容を見るかぎり、その方は多くの問題を抱えているようだった。浮気をした妻と離婚し、家の一切を取り仕切る人間がいなくなった。うつ病が悪化し辞職。家事はまる…

  4. 人間不信の方へ

    生身の人間は弱い生き物です。身を守るため、自尊心を保つため、他人を攻撃しうる存在となります。強い者がおり、弱い者がいます。社会という集団にあって、比較があり、競…

  5. 勇気よ

    おまえが生まれ落ちたときから、おのれが、まわりと比べてとるに足らない人間であったということが、そんなにも嘆かわしいことなのか。星々を従えて太陽が昇ろうとも、今日…

  6. 星空のヴェール

    白ゆりの花を愛したきみが、いまなぜ夜叉の仮面をつけているのか知らない。憤怒に口を歪め、肩をいからせ、背中に般若の思想を描き出し、おのれに逆らうもの、おのれの価値…

  1. 孤独

    人間不信の方へ
  2. パワー

    うつ病患者との対話
  3. エネルギー

    瞑想と教育
  4. 苦痛

    苦痛の克服
  5. 対話

    うつ病の息子を持つ母親 -3-
PAGE TOP