孤独

  1. 孤独の声

    われわれの目が外を見ているかぎり、極端な孤独は苦痛なだけである。「わたし」のことを心配してくれる者は誰もいない。「わたし」のことを気にかけ、何でもいいから考えて…

  2. 女に無縁の孤独な男

    人々が浮かれはじめる年末年始、彼は言いようもない苦痛に毎年おそわれる。会社の忘年会、彼は体調不良を理由に断った。彼が来ることを誰も望んでいない。クリスマス、残業…

  3. 飛ぶ前に見ろ

    弱さとは、自我の強さである。したがって、自我の構造に精通していないとき、弱さの意味が分からない。また、理解のないその弱さを養分として、生という劇のなかで…

  4. 社会に取り残された男

    開口一番、さびしい、と男は言った。三十をすぎた会社員だが、驚くほど童顔で、しかも華奢だった。傷つきやすく、物事に否定的な断を下す癖があり、うつ病を長く患い職を休…

  5. 孤独に悩むうつ病の公務員

    われわれは孤独を恐れている。孤独な自分が導き出すものを恐れている。そして反射的に、恐ろしいものから逃れようという外向きの思考がはたらきだす。けっして、孤独である…

  6. 保護中: うつ病患者との対話

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

最近の記事

PAGE TOP