弟子道

  1. 怒り

    弟子が日常生活で「許せない」状況に直面したとしよう。彼は怒りのフォースを見て、その反逆的なリズムを高位のエネルギーによって置き換えることに成功する。彼は怒りがな…

  2. 血のヴィジョン

    空想上の存在を人は「自分」と見なしているが、思考が織りなすその大錯覚が去り、行為しているのが偉大なる方であることを知るならば、「彼」において意識は引き上げられ、…

  3. 整理

    一般人類は、魂というアイデアに今のところ反応できていないが、彼らなりに重要な局面を通過しようとしている。見習いの弟子は、魂や真我といったアイデアに感応しつつあり…

  4. 俯瞰

    起こりやすい間違いだが、ある時までは有用な間違いもある。たとえば霊的欲望。しかし、いつかは独立した自分という信念から自由にならねばならない。学ぶことは重要かもし…

  5. 混浴

    昨日、あるオフィスのソファに座っていた。話は終わり、しばらく外の景色を眺めつつ、居眠りをしたふりをして、瞑想していたのである。すると、仕事の合間のおしゃべりが聞…

  6. 孤独

    孤独感とはなんだろうか。孤独が引き起こす恐怖とはなんだろうか。弟子やイニシエートは孤独である。一般的な孤独は感傷的なものであり、弟子の孤独は自身のうちにまだ個人…

最近の記事

PAGE TOP