1. 魂へ捧げられていた瞑想が、集中の途切れや、足の痛み、自我のフォースの突如の強化により中断を余儀なくされるという段階がある。またもとの自我意識へみな帰るのである。…

PAGE TOP