1. 怒り

    弟子が日常生活で「許せない」状況に直面したとしよう。彼は怒りのフォースを見て、その反逆的なリズムを高位のエネルギーによって置き換えることに成功する。彼は怒りがな…

  2. 血のヴィジョン

    空想上の存在を人は「自分」と見なしているが、思考が織りなすその大錯覚が去り、行為しているのが偉大なる方であることを知るならば、「彼」において意識は引き上げられ、…

  3. 心せよ

    言ってはいけないことがある。言って良いか、問題があるか、微妙なことがある。言い方に気をつけるべきことと、どこまでの言い方なら良いか悩ましいこともある。基本的に、…

  4. 霊的野心

    外的な愛が支配要因になっていない場合、弟子はほぼ無力に陥る。なぜなら、進歩や進化は、奉仕した時にしか起こり得ないと偉大な覚者は断言しているが、愛が兄弟たちへと放…

  5. 輪の中で

    生きているかぎり、周囲の人間の無礼、無能、弱さによって損害を被ることもあるでしょう。一見すると、その思慮浅はかなる行為により実生活が脅かされます。身近な人間であ…

  6. 魂エネルギーの困難

    高位のエネルギーの流入体である事は、その者の高き波動状態をそのまま意味するわけではない。ここは注意が必要である。確かに、彼は一定の段階まで到達し、その権利を得た…

最近の記事

PAGE TOP