教育

  1. 社会に取り残された男

    開口一番、さびしい、と男は言った。三十をすぎた会社員だが、驚くほど童顔で、しかも華奢だった。傷つきやすく、物事に否定的な反応を下す癖があり、うつ病を長く患い職を…

  2. 瞑想と教育

    瞑想は、日常の一瞬々々のうちにある。座って行うのも良いのだが、情緒の統御が完全となり、純粋な集中が容易になるにつれ、思考との同一化、つまり思考を「わたしの思考」…

  3. うつ病の息子を持つ母親 -3-

    生誕の祝福を思い起こすとき、息子の狂気は目を醒ます。純真な喜びは音も立てずに死に絶えた。時の暗流に息子は眠らされ、現実という名の悪夢に目は痙攣している。星々の威…

  4. うつ病の息子を持つ母親 -2-

    「何の解決にもならなかった。くそいまいましい。おまえに教育を語る資格などあるのか。相談をもちかけた自分に腹が立つ。いい歳をして子供もおらぬ鰥夫に何が分かるのか。…

  5. うつ病の息子を持つ母親 -1-

    息子がいじめられているのだという。相談者である母親は、一人息子のために担任の教師を訪れた。勇気のいることだった。旦那は仕事の忙しさを理由に一緒に来ることを拒んだ…

  1. 孤独

    孤独に悩むうつ病の公務員
  2. 対話

    過去を引きずるうつ病の女性
  3. 対話

    うつ病の息子を持つ母親 -3-
  4. 対話

    うつ病の息子を持つ母親 -1-
  5. 分類不能

    苦痛を見た至福の青年
PAGE TOP