無し

  1. 犬の教訓

    或る弟子は犬を可愛がっていた。ほどなくして、犬は死に、この弟子は大いに悲しんだ。何という錯覚だろうか。彼は、霊的な知識には精通しつつあったが、内的には真我に遠く…

最近の記事

PAGE TOP