瞑想

  1. 裂け目

    ビジネスの騒音のなかでのたゆみない瞑想は往々にして困難である。瞑想に習熟し、魂に諸体を整列させ、自我というものにますます関心がなくなっている弟子にあって、彼が…

  2. 職場の人間関係について

    こちらの質問に対する記事です。愛職場であれ、学校であれ、田舎の近所付き合いであれ、熟慮を重ねた結果、自分の考えが正しいと判断したのであれば、…

  3. 無痛の涙

    暮れ時の空にかかる、淡い赤と青の色彩に見とれているうちに、やがて夜がやってくる。ぼくらは星々を仰望したいのだが、立ち並ぶ高層ビルのあちこちに電気がついている。人…

  4. 瞑想と教育

    瞑想は、日常の一瞬々々のうちにある。座って行うのも良いのだが、情緒の統御が完全となり、純粋な集中が容易になるにつれ、思考との同一化、つまり思考を「わたしの思考」…

  5. 瞑想と知識

    内的な世界にあって、知識というものは、あまり重要ではない。知識は性質上、二次的であり、その人間を人間たらしめている諸体の純粋さと装備に依存し、色付けられており、…

  6. 人間不信の方へ

    生身の人間は弱い生き物です。身を守るため、自尊心を保つため、他人を攻撃しうる存在となります。強い者がおり、弱い者がいます。社会という集団にあって、比較があり、競…

  1. 分類不能

    苦痛を見た至福の青年
  2. 対話

    うつ病の息子を持つ母親 -2-
  3. 対話

    うつ病の息子を持つ母親 -3-
  4. 孤独

    人間不信の方へ
  5. パワー

    うつ病患者との対話
PAGE TOP