瞑想

  1. 瞑想なき人生

    極度の苦痛で失神する人や、度をこえた苦悩の末に発狂してしまう人がいる。彼らが瞑想を知っていたら、そうなる前に、自分を治療することができただろう。苦痛は即時に消え…

  2. 苦痛からの保護

    これまで苦しみは個人的なものであり、個人が個人の意識から、自身の苦痛に対処しようとする試みがさらなる苦痛を呼び込んでいることを書いてきた。また、苦痛は見ることで…

  3. 魂へ捧げられていた瞑想が、集中の途切れや、足の痛み、自我のフォースの突如の強化により中断を余儀なくされるという段階がある。またもとの自我意識へみな帰るのである。…

  4. 瞑想法という矛盾

    瞑想法というものは存在しない。自我の観点からものごとを眺めるとき、方法という、ある地点から別の地点への移行手段という錯覚が生じるだけである。瞑想は、魂に対する自…

  5. 瞑想の前提と苦痛の拡大

    人間が最初に瞑想を開始するのは第一イニシエーションの前である。数千回の転生がそれまでに必要となる。自身の瞑想がどの段階のものか、どのような目的と動機のもとに行わ…

  6. 時間の克服

    Genius is 1 percent inspiration and 99 percent perspiration. Thomas Edison昔、…

PAGE TOP