瞑想

  1. 行為瞑想

    瞑想中の観照者との同一化が確立されたならば、行為における同一化へと発展させる必要がある。無為と行為で意識に差があってはならないからである。肉体で生きるな…

  2. 言葉の檻

    精神は容易に逃げ口を見い出します。教師は次々に変えられます。教えは次々に捨てられ、新たなる教えに取って代わられます。失敗したり、分からなくなったりすると娯楽に走…

  3. 魂の認識を阻害する要因

    内なる存在、つまり魂は常に存在しているが、人類は今のところ知覚できていない。それがなぜなのかを突き止める者は少ない。また突き止めた理由が現実であるところまで探究…

  4. 自我瞑想の危険

    少しでも瞑想や集中に苦痛が伴うならば、それは脳に対して自我で行っている危険な瞑想である。それは頭痛や脳の疲労、時にはメンタル体の萎縮をもたらし深刻な不幸へ導く可…

  5. ラマナ・マハリシ「私は誰か」のまとめ

    人間は騒乱状態にある。内的な騒擾が、むしろ人間を、自我を生かしている。そこで、全ての大元である「私」という感覚を見るようラマナ・マハリシは言った。「私」が思考で…

  6. ラマナ・マハルシの「私は誰か」

    ラマナ・マハルシの瞑想、真我探究について。もし効果という言葉を使用することが可能ならば、「私は誰か」は効果として絶大である。しかし安易に勧めることはできない。こ…

最近の記事

PAGE TOP