1. 無痛の涙

    暮れ時の空にかかる、淡い赤と青の色彩に見とれているうちに、やがて夜がやってくる。ぼくらは星々を仰望したいのだが、立ち並ぶ高層ビルのあちこちに電気がついている。人…

  2. 瞑想と教育

    瞑想は、日常の一瞬々々のうちにある。座って行うのも良いのだが、情緒の統御が完全となり、純粋な集中が容易になるにつれ、思考との同一化、つまり思考を「わたしの思考」…

  3. 瞑想と知識

    内的な世界にあって、知識というものは、あまり重要ではない。知識は性質上、二次的であり、その人間を人間たらしめている諸体の純粋さと装備に依存し、色付けられており、…

  4. 芸術のことば

    われわれは、自分の生があまりに貧しいため、あたたかさを求め、絵画や彫像の居並ぶ美術館に足をはこんだり、詩人の言葉やパイプオルガンの響きにおのれを委ねてみたり、表…

  1. エネルギー

    瞑想と教育
  2. 対話

    過去を引きずるうつ病の女性
  3. 苦痛

    苦痛の責任者
  4. 孤独

    孤独に悩むうつ病の公務員
  5. 孤独

    人間不信の方へ
PAGE TOP