秘教

  1. 力のはなし – 3 - 中毒・依存症

    ギャンブル依存症なのだと彼は言う。はじめは趣味程度。数字と心理を読む能力に長けており、精通するにつれ、えも言われぬ勝利の快感に憑かれるようになる。会社の経営者だ…

  2. 力のはなし – 2 –

    朝起きて不調だとする。何らかのイメージ、肉体の感覚、誰かの顔、いくつかの記憶がわれわれの脳裏に去来する。「そのせいで嫌な気分なのか」といい、よく見ないまま、この…

  3. 力のはなし – 1 –

    夜明けはいつも美しい。静まり返っているが、日の光が輝いている。しばらくすると、鳥たちの鳴き声も飲み込まれる。人間たちが亡霊じみて蠢きはじめる。彼ら、彼女…

  4. 魂へ捧げられていた瞑想が、集中の途切れや、足の痛み、自我のフォースの突如の強化により中断を余儀なくされるという段階がある。またもとの自我意識へみな帰るのである。…

  5. 怠惰と苦痛

    怠惰とは、習慣の結果として固定された何らかのフォースの引力に対する盲目である。この抵抗が、健全でサトヴィックなフォースと衝突し、人間を広義に病気とさせる。第四光…

最近の記事

PAGE TOP