自殺

  1. 裂け目

    ビジネスの騒音のなかでのたゆみない瞑想は往々にして困難である。瞑想に習熟し、魂に諸体を整列させ、自我というものにますます関心がなくなっている弟子にあって、彼が…

  2. 社会に取り残された男

    開口一番、さびしい、と男は言った。三十をすぎた会社員だが、驚くほど童顔で、しかも華奢だった。傷つきやすく、物事に否定的な反応を下す癖があり、うつ病を長く患い職を…

  3. 過去を引きずるうつ病の女性

    不幸につぐ不幸、と女性は言った。生まれは裕福。地主の家庭に末っ子として生まれ、六十に近い父から可愛がられて育った。愛情と教育に恵まれ、少女時代は笑顔がたえなかっ…

  4. うつ病患者との対話

    メールの内容を見るかぎり、その方は多くの問題を抱えているようだった。浮気をした妻と離婚し、家の一切を取り仕切る人間がいなくなった。うつ病が悪化し辞職。家事はまる…

  5. 三木清の幸福論

    幸福とはなにか、というテーマのリクエストによる記事です。高瀬様が引用された三木清の「人生論ノート」における抜粋を改めて見てみましょう。「幸福は人格で…

  6. 人間不信の方へ

    生身の人間は弱い生き物です。身を守るため、自尊心を保つため、他人を攻撃しうる存在となります。強い者がおり、弱い者がいます。社会という集団にあって、比較があり、競…

  1. 治療

    精神の病はいかにして治癒しうるか
  2. 対話

    うつ病の息子を持つ母親 -2-
  3. むかしの話

    首吊り人
  4. 孤独

    人間不信の方へ
  5. 分類不能

    苦痛を見た至福の青年
PAGE TOP