苦痛

  1. 人は自ら苦痛を味わい、自己憐憫に浸る

    彼が世界を現実だと言うのなら、彼の定義のなかにおいては現実だろう。しかし定義は思考であり、マインドの世界のものでしかない。マインドを超越するとき、彼は定義という…

  2. 職場の人間関係について

    こちらの質問に対する記事です。愛職場であれ、学校であれ、田舎の近所付き合いであれ、熟慮を重ねた結果、自分の考えが正しいと判断したのであれば、…

  3. 精神のストーカー

    こころの痛みから逃げのびて、なでおろす胸に、幸福の感覚を抱き、晴れやかな笑みにくちびるを緩ますとき、安全への過信がうまれ、精神の奔放を許しはじめるのだが、まだ気…

  4. 無痛の涙

    暮れ時の空にかかる、淡い赤と青の色彩に見とれているうちに、やがて夜がやってくる。ぼくらは星々を仰望したいのだが、立ち並ぶ高層ビルのあちこちに電気がついている。人…

  5. 外出を恐れるうつ病患者

    「わたしは外の世界が恐ろしいのです。人間もまた恐ろしく、誰とも関わりたくありません。会社にはかろうじて出勤していますが、上司に病気のことを説明し、人と接触の少な…

  6. うつ病の息子を持つ母親 -3-

    生誕の祝福を思い起こすとき、息子の狂気は目を醒ます。純真な喜びは音も立てずに死に絶えた。時の暗流に息子は眠らされ、現実という名の悪夢に目は痙攣している。星々の威…

  1. 対話

    うつ病の息子を持つ母親 -3-
  2. パワー

    うつ病患者との対話
  3. 対話

    うつ病の息子を持つ母親 -2-
  4. 治療

    精神の病はいかにして治癒しうるか
  5. 分類不能

    苦痛を見た至福の青年
PAGE TOP