非人格

  1. 苦痛からの保護

    これまで苦しみは個人的なものであり、個人が個人の意識から、自身の苦痛に対処しようとする試みがさらなる苦痛を呼び込んでいることを書いてきた。また、苦痛は見ることで…

  2. 非人格の道での困惑

    人格とは、無意識に条件づける諸フォースの総体としての一形態である。クリシュナムルティが「思考者は思考」というとき、この文脈において明らかである。この人格がもたら…

  3. 感情の喪失について

    弟子がアストラル体の統御を完成しつつある時、一般生活に支障が出る可能性がある。進化の内的定義が、新しい意識状態の知覚であることを前提に、この段階もまた、平均的な…

PAGE TOP