過去の記事一覧

  1. 教育

    瞑想なき人生

    極度の苦痛で失神する人や、度をこえた苦悩の末に発狂してしまう人がいる。彼らが瞑想を知っていたら、そうなる前に、自分を治療することができただろう。苦痛は即時に消え…

  2. 堕落

    苦痛からの保護

    これまで苦しみは個人的なものであり、個人が個人の意識から、自身の苦痛に対処しようとする試みがさらなる苦痛を呼び込んでいることを書いてきた。また、苦痛は見ることで…

  3. 教育

    虚しき知性

    苦しみの根本原因は、外的な問題ではなく、永遠の実在である自己と、生きては死ぬだけの個人とを同一化し、その人間を「わたし」と思い込んでいる知的な怠惰にある。もし身…

  4. 自殺

    苦しみの時期

    すべては周期的である。人間の辿る運命もまた、その個人性ゆえに、辛い時期とそうではない時期が繰り返される。この種の苦痛は個人的なものであり、克服は比較的容易である…

  5. 魂へ捧げられていた瞑想が、集中の途切れや、足の痛み、自我のフォースの突如の強化により中断を余儀なくされるという段階がある。またもとの自我意識へみな帰るのである。…

  6. 非人格

    非人格の道での困惑

    人格とは、無意識に条件づける諸フォースの総体としての一形態である。クリシュナムルティが「思考者は思考」というとき、この文脈において明らかである。この人格がもたら…

最近のコメント

最近の記事

PAGE TOP